変化するバストに合わせた育乳ブラを選ぼう

年齢と共にバストは変化していく・・

バストの形は生活環境や年齢と共に変化していきます。30代頃から体重は変わらなくても胸元が痩せるなど、何らかの変化を感じている方も少なくありません。デコルテの部分がそげていき、バストの下部にたわみがではじめ、最終的にはバストが下垂してしまい、外側に流れてしまう・・という状態になってしまいます。なので、その時の自分の胸に合ったサイズのブラを着用することがとても大切です。いつまでもキレイなバストの形をキープしていくためにも「育乳ブラ」を正しく選び、毎日着用して胸を育てていきましょう。

正しい育乳ブラの選び方とは?

自分で胸のサイズを測り、買っている方も多いことでしょう。もちろんそれも間違いというわけではありませんが、下着専門店などでサイズを測ってもらうと自分で測ったサイズと違うものです。なので、おススメは店舗で正しいサイズを測ってもらうことです。もしブラの肩ひもが落ちてくる、カップの上部に隙間がある、アンダーの部分が腕を挙げると上がってくる、背中やワキなどのお肉が食い込んでくる・・などの症状があらわれているならサイズが違うブラを着けている証拠です。サイズが違うブラを着けていると、胸に血流が流れず痩せていってしまうというバストダウンにつながります。そのような状態を避けるためにも、正しいサイズの育乳ブラを着けるようにしましょう。育乳ブラを着用しているなら背中やワキにお肉が流れてしまう・・という悲しい状態を避けることができます。なぜなら、胸の周りのお肉をすべて寄せ集めてバストへとキレイに形状していくことができるように設計されているからです。育乳しながら胸を大きく見せたいならハーフカップや3/4カップなどのデザインを選ぶことができるでしょう。ハーフカップは育乳しながら胸を持ち上げることができるのでバストの形をキープしながら大きく見せることができます。また3/4カップは胸の谷間を作りたい方におススメです。そして、育乳ブラを着用する際にもポイントがあります。それは、まっすぐ立った状態ではなく、少し屈んでつけるなら、周りのお肉をすべてカップの中のおさめることができます。しっかりすべてのお肉がカップに入るように、しっかりと手で入れましょう。そして、すべてのお肉をおさめたら屈んだままの状態でホックをしましょう。このように育乳ブラのつけ方にも気を付けていきましょう。

注目の○○商品

女性らしい理想的なスタイルをサポートする【レスタリアージュボリュームアップブラ】公式サイト
女性らしい理想的なスタイルをサポートする【レスタリアージュボリュームアップブラ】
手間も時間も本当にまったく掛からない寝るときに着けるだけ、使い方はとっても簡単!簡単に実践できるのにバストアップがしっかり実感できる!冷え性の防止や代謝アップなど健康にもメリットがある!